【重要】6月8日ウェブページが見られなくなる可能性があります

こんにちは、大館ネットです。
今回は大館ネット自体の話ではありませんが、ネットワーク障害に関する情報をお知らせします。

6月8日午前 9:00 から6月9日午前 8:59 の間、下記環境で、フレッツ光 (NTT東日本、NTT西日本)で接続している方は、主要なサイトに接続できなくなる可能性があります。

障害の影響のある環境
・Windows 7 に IE 8 がインストールされている環境
・Windows Vista に IE 7 もしくは IE 8 がインストールされている環境

Microsoft 社による障害の詳細はこちらにあります。
対策として、6月8日までに IE 9 へ更新することをおすすめします。

障害に関する情報

6 月 8 日午前 9:00 からの 24 時間、World IPv6 Day と言うトライアルが世界規模で行われます。
これは、最近問題になっている IPv4 アドレスの枯渇を解決するため、 IPv6 への移行を行う際の問題を調査する目的で、主要なサイトが一斉に IPv6 で接続できるようにして、実際に問題が起きるか起きないか、を確認すると言うものです。
こちらにある通り、参加サイトも非常に多いです。

期間中は それらのサイトには IPv4 でも接続可能なので、IPv6 非対応の環境では問題が起こらないのですが、逆に IPv6 に対応している環境の一部で問題が起こる事が有ります。

障害の原因について

今回の問題の原因は、「フレッツ光」が既に IPv6 使用したサービスを提供しているが、そのサービスではインターネットに接続できない所にあります。
「フレッツ光」ユーザーの環境には NTT のサービス用の IPv6 アドレスを NTTから、インターネット用の IPv4 アドレスをプロバイダから付与されています。
もちろん、この IPv6 アドレスでは インターネット上のサイトにはアクセスできません。
そして World IPv6 Day が来ると、今までと違って多くのサイトが IPv6 アドレス でアクセスできるようになってしまい、ブラウザは IPv6 をつかってサイトにアクセスしようとして失敗してしまいます。
このような状態の時には、ブラウザは IPv6 をあきらめて、IPv4 を使って再接続を試みるべきなのですが、IE 9 以前はこれが上手く動かないため、サイトにアクセスできなくなってしまいます。
当然 IPv6 を使わないようすれば問題は解決するのですが、NTT 独自のサービスが利用できなくなりますし、将来の IPv6 への移行を妨げることになってしまいます。

対策方法

対策としては

最新のInternet Explorer 9 へアップグレード
・IPv6 の使用を一時的に抑制するパッチの適応
・IPv6 プロトコルを使用しない設定に変更
・ネットワーク ポリシー テーブルの変更

とありますが、IE 9 へ更新するのが一番感嘆で、しかもWeb の表示速度も向上するので、この機会にIE9へ更新することを強くお奨めいたします。