「電話勧誘によるプロバイダ変更」について

地域プロバイダ事業者とネットカフェ事業者を対象とした「分科会」を実施し、活発な意見交換が協議会総会及び分科会を開催開催されその際、「電話勧誘によるプロバイダ変更」について、相談事例や対応方法の実
態を話し合いました。
その中で、この種トラブルの防止施策の有無について検索していたところ、総務省で業者に対する指導を行ったことが広報されており ました。

「速報!“遠隔操作”によるプロバイダ勧誘トラブルにご注意!」
(平成25年6月13日・国民生活センター)
「相談激増!遠隔操作によるプロバイダ変更勧誘トラブルにご注意」
(平成26年9月18日・国民生活センター)
「遠隔操作によるプロバイダ変更等に係る不適切な勧誘方法等に関する指導」
(平成27年1月28日・総務省)

あえてリンクは記載しませんのでご容赦下さい。

予防方策について話し合いましたが、まずは「即決しない」
「変更する前に現契約のプロバイダに相談する」
ことを徹底し、電話で「安い」ことを強調することに対しては、疑いの耳を持って対応することを会員、また地域のインターネット利用者の家族や従業員へ周知させトラブル防止を行っておりますのでいつでもご相談ください。

カテゴリー: お知らせ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA